—–
「性感染症」って何?
性行為によりうつされる疾患を「性感染症」STDと呼びます。
性行為によって感染する病気の総称で一般に「性感染症」STDと呼びます。
英語のSexually Transmitted Disease頭文字を、とってSTDは、その略称。
—–
「性病」って何?
昔は「性病予防法」という法律があり、「性病」と呼ばれていました。

1999年に「感染症法」ができ、ここで「性病」は、今までに含まれていなかった、クラミジアやエイズなどの病気を加え、「性感染症」と呼ばれるようになりました。

この「性感染症」になって、規定される病気が増えたのですが、特に自覚症状(自分で感じる症状)の出にくい病気も多く、今や一般の方でも感染が広がっています。

複数の方とのSEXを体験している方は、特に要注意!
(特に若い方がクラミジアに感染していたという報告もあるようです)

このサイトは、SEX時のコンドーム着用が、貴方を守ってくれるバンドエイド
と言う事を認識して頂く為のサイトです。

【性感染症・性病】って?

STD性感染症淋菌感染症
■■淋菌感染症■■

どんな病気
男性に多いSTD(性感染症)です
25-29歳の男性では250人に1人が、年に1回自覚症状のある感染をしている、との報告があります

1回のセックスでの感染率が30%といわれている
淋菌感染症はクラミジアとの同時感染が20~30%と高く、女性の場合は無症状が多いため、知らないうちにパートナーへ感染させることもあります

治療せずにほっておくと、男性は無精子症、女性では不妊症や子宮外妊娠の原因となります

あらゆる性行為により感染します
セックス、アナルセックス、フェラチオなどにより感染します。
風俗女性のフェラチオによる、口からの感染が増加しています。
出産時の母子感染もあります

どんな症状が出るの
☆男性の場合
男性が主に感染するところは尿道です。
尿道炎や精巣上体炎(副睾丸炎)などになります。

主な症状
尿道からの分泌物(うみ)
激しい痛みの排尿痛
精巣上体の腫れ
発熱や激しい痛み
尿道から出るうみの量は多く、白っぽい色(やや黄色気味の場合もあります)で、粘り気があります。
治療せずに放っておくと、前立腺炎や血精液症(血精液症参照)になることもあります。
また、精巣上体炎では陰のう部が激しく痛む場合があり、治療後に無精子症になることもあります。

女性の場合
女性の場合は、子宮頸管(子宮入口の管)へ感染し、子宮頸管炎をおこします。その後、腹腔内に進入し、骨盤内で様々な症状が出ます。尿道炎を併発することも少なくありません。

主な症状
おりもの
発 熱
下腹部の痛み
感染したまま放っておくと卵管炎や骨盤腹膜炎をおこし、子宮外妊娠や不妊症の原因にもなります。ただし、女性の感染者の多くは症状が出ないと言われています

喉への感染
オーラルセックスなどにより咽頭(のど)の淋菌感染が増加しています。
女性が男性に対してフェラチオした場合、(1)男性の性器から女性の咽頭に感染する可能性と(2)女性の咽頭から男性の性器に感染する可能性があります。

・主な症状
のどの腫れ、痛み
発熱 など
ただし淋菌感染の場合、症状が出ない場合が多いようです。
また、性器において淋菌に感染している男女の30%は咽頭から淋菌が検出されたとの報告もあります。性器感染に比べ、治療に時間がかかるといわれています。

どんな対処法があるの
☆自分で検査する
病院に行くのがいやな人
感染しているか不安な人
病院に行く時間のない人
☆病院へ行く
明らかに症状の出ている人
感染しているか不安な人

どんな予防法があるの
コンドームは?
淋菌感染症の予防にはコンドームの使用が有効です。オーラルセックスでの感染に注意して下さい
☆パートナーの検査の必要性は?
セックスパートナーも感染している場合がほとんどです。2人同時の検査と治療が必要です。

∟STD性感染症淋菌感染症, 性病

STD性感染症性器クラミジア感染症

どんな病気
現在の日本において感染者数が一番多いSTD(性感染症)です
日本における感染者数は100万人に達しています。

特に10代後半から20代にかけて感染者が増加
女性の20-24歳で16人に1人、15-19歳で2人に1人が感染しているとの報告があります。

1回のセックスでの感染率が50%と高い
女性では80%、男性では50%に感染症状が現れないので、知らないうちに感染し、知らないうちにパートナーに感染させることもあります。

・治療せずに放っておくと、女性では不妊症や子宮外妊娠の原因となります

・クラミジアに感染していると、エイズウイルスの感染率が3~5倍も高まります
これについては知らない人が多いかもしれません。

あらゆる性行為が感染源となります
セックス、アナルセックス、フェラチオなどにより感染します。フェラチオによる、口からの感染が増加しています。出産時の母子感染もあります。

どんな症状

男性の発生ヶ所(男性が主に感染するところは尿道です。
尿道炎や 精巣上体炎(副睾丸炎)などの症状が出ます。)
主な症状
尿道からの分泌物(うみ)
軽い排尿痛
尿道のかゆみや不快感
精巣上体の腫れ
尿道からうみが出ることもありますが、さらさらしたものから粘りのあるものまで有り、量は少なめです。
治療せずに放っておくと、 前立腺炎 や 血精液症 (血精液症参照)になることもあります。ただし、男性の感染者の50%は症状が出ないとも言われています。

女性の発生ヶ所(女性の場合は、子宮頸管 (子宮入口の管)へ感染し、子宮頸管炎をおこします。その後、腹腔内に進入し、骨盤内で様々な症状が出ます。 )
主な症状
おりものの増加
不正出血
下腹部の痛み
性交時の痛み

感染したまま放っておくと卵管炎をおこし、 子宮外妊娠や不妊症の原因にもなります。さらに上腹部へ感染が広がると肝周囲炎を引きおこします。
ただし、女性の感染者の80%は症状が出ないと言われています。

咽喉(のど)への感染

オーラルセックスなどにより咽頭(のど)のクラミジア感染が増加しています。女性が男性に対してフェラチオした場合、(1)男性の性器から女性の咽頭に感 染する可能性と(2)女性の咽頭から男性の性器に感染する可能性があり、咽頭炎などをおこします。慢性の扁桃腺炎になることもあります。
主な症状
のどの腫れ
のどの痛み
発熱など

ただしクラミジア感染の場合、症状が出ない場合が多いようです。また、性器クラミジアに感染している女性の10~20%は咽頭からもクラミジアが検出されたとの報告もあります。
性器感染に比べ、治療に時間がかかるといわれています。

◆どんな対処法(ここでは、クラミジアかも?と悩む方へどのように対処すればいいかを説明します。)

自分で検査する
病院に行くのがいやな人
感染しているか不安な人
病院に行く時間のない人
☆病院へ行く
明らかに症状の出ている人
感染しているか不安な人

どんな予防法
☆コンドームは?
クラミジア感染症の予防にはコンドームの使用が有効です。オーラルセックスでの感染に注意して下さい。

☆パートナーの検査の必要性は?
セックスパートナーも感染している場合がほとんどです。2人同時の検査と治療が必要です。

∟STD性感染症クラミジア感染症, 性病

STD性感染症HIV感染症/エイズ


■■
HIV感染症/エイズ■■

どんな病気?
「HIV=エイズ=死」ではありません
日本における感染者数は確実に増加しています
HIVウイルスの感染源は、感染者の血液、精液、膣分泌液、母乳です
HIVウイルス以外のSTD感染にも要注意
自分のため、パートナーのため・・・とにかく検査が大切

どんな症状が出るの?
ここでは、HIVウイルスの感染から、エイズの発病を大まかに説明します
どうやってうつるの?
性行為による感染
注射器や注射針の使いまわしによる感染
輸血による感染
母子感染

感染したらどうなるの?
感染した日
感染初期
無症候期
エイズ発症期

どんな対処法があるの?
病院へ行こう
明らかに症状が出ている人
感染しているか不安な人

自宅で検査しよう
病院に行くのがいやな人
感染しているか不安な人
病院へ行く時間のない人

どんな予防法があるの?
コンドームは?
感染予防にはコンドームの使用が有効です。
パートナーの検査の必要性は?
セックスパートナーがいる場合、パートナーも感染している可能性があります。
あなたが感染している場合は、パートナーの検査が必要です。
妊娠・出産を望んでいる人は、特に一緒に検査を受けましょう。

∟STD性感染症HIV感染症/エイズ, 性病